2015年7月20日月曜日

アメリカ軍退役中将、ドローンによる作戦が失敗であったと指摘

 アメリカ国防情報局長も務め、イラクとアフガニスタンにおける戦争に深く関わって、2014年に軍を退役したマイク・フリン元中将はアル・ジャジーラのインタビューに答え、「ドローンが、テロリストを殺す以上に、テロリスをを作り上げている」と米軍の戦略を批判している。

 イスラム国(ISIL)のシリアにおける勃興に対して、米軍のイラク侵攻が果たした役割について「私たちはまちがいなく火に油を注ぎました。疑いなく、歴史は2003年に行われた決断を労らないでしょう。イラクに行くことはまちがいなく、戦略的なまちがいでした」とフリンは述べている。


[Resouce]
DRONES CAUSE MORE DAMAGE THAN GOOD’ Al Jazeera...

Retired General: Drones Create More Terrorists Than They Kill, Iraq War Helped Create ISIS

0 件のコメント:

コメントを投稿